【おすすめサイト集|交通事故時の対応方法】

交通事故被害者関連

交通事故で十分な補償を得るために

このサイトの中でも述べましたが、交通事故の損害賠償には複数の金額基準があります。

 

知識と交渉力のない被害者は安く済まされてしまうのが現実なのです。

 

下記のサイトは、自動車保険のしくみをわかりやすく解説し、損害賠償額の増額方法を説明しています。

 

治療費、慰謝料、逸失利益といった損害賠償の内訳も、明快に紹介されています。

 

このうち、慰謝料については、加害者の事故原因や態度が悪質な場合、さらに増額できる場合がある事も触れました。

 

弁護士基準より上という意味です。

 

具体的にどんな場合なのかということが、このサイトには出ています。

 

交通事故被害者が慰謝料をより多くもらう方法

後遺障害等級の知識

交通事故の損害賠償において、後遺障害等級は極めて重要なファクターです。

 

一般的には、後遺障害損害の方が傷害損害より極めて大きな金額になることが多いです。

 

後遺障害損害、すなわち後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益のどちらの計算にも等級が関係します。

 

等級が取れるか取れないか、等級が1つ上か下かで受取金額に天地の差が生まれるのです。

 

しかしながら、被害者は負傷と治療の混乱もあって、こうした仕組みを勉強する余裕がないことが多い。

 

治療費にばかり目を奪われ、後遺障害等級の方に頭が回っていない。

 

この状態では保険屋のいいようにされ、安く済まされてしまいます。

 

下記のサイトはこの後遺障害等級の知識をわかりやすく解説してくれています。

 

後遺障害等級のしくみと上げ方

治療費打ち切りの対応

最初は親切に治療費を出してくれた保険会社が、3〜4カ月で治療費を打ち切ってくるのに戸惑う人が多いようです。

 

相手の支払いに固執して治療を中断する人もいます。

 

「自分では絶対払わないからな」というわけです。

 

しかし、これは相手の思うつぼなのです。

 

下記のサイトには正しい対応方法が載っています。

 

被害者は単に治療費打ち切りに正しく対応するだけでなく、関連の周辺知識も持つべきです。

 

全体を踏まえていないと、人生が変わるほどの損をしかねないからです。

 

下記サイトはそういうことも載っています。

 

治療費打ち切りへの正しい対応方法

 

 

 

 

トップページ目次に戻る